◎『恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち』、千秋楽

 『恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち』が、3月12日(日)千秋楽を迎えました。
 ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトに啓発され、上は79歳から、下は9歳までの劇団員が自らの手で創作した脚本を元に24の小作品を並べた今回の作品。多くの方にご来場いただきました。厚く御礼を申し上げます。

 2016年の日本の現実をしっかり捉え、ギリギリまで磨き上げた各作品には、長時間の上演にもかかわらず、大きな拍手と好評の声をいただき、劇団わが町のこの5年間における活動の集大成となりました。
 今後も地元に密着した劇団としてさらに邁進していきます。次回の公演にもご期待ください。  (了)

◎劇団わが町『恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち』初日

 皆様のおかげをもちまして、初日を無事迎えることができました。
 ご来場いだたきました方々には厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。
 今回は劇団初の劇団員の執筆による脚本をふじたあさやさんの指導、まとめにより作品化したものです。台本の完成がギリギリになったり、演技の詰めもタイトなスケジュールになったりして、まさに時間との闘いとなったのです。

 しかし、ここ一番に強い劇団わが町のこと、2016年の現実をしっかりとらえた作品となりました。
 あと4公演を総力で演じます。皆様のご来場をお待ちしています。

 

 

11日(土) 14:00開演/18:00開演
12日(日) 13:00開演/17:00開演

ぜひ劇場でお会いしましょう!  (了)

◎ふじたあさや氏 新春特別インタビュー

 新年にあたり劇団わが町の3月に公演する新作『恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち』について、同劇団の芸術監督・演出ふじたあさや氏に、今回の脚本が生まれた経緯や舞台の見どころなどについて話を聞いた。

新作について語るふじたあさや氏

新作について語るふじたあさや氏

―今回のタイトル『恐れを知らぬ27人の劇作家…』ということですが?
 みなさんに書け書けと言ったら本当に書いてきちゃったんで…(笑)
 その書いてきたやつをできるだけ活かしたい。なにしろ作家が27人もいるんですよ。それぞれの作家の作品をできるだけ、そのまま活かせる方向で、あまりカットすると骨だけになるので、それなりにおもしろさを活かしたいですね。
 若い子供から70過ぎまでのみなさんが書いてくれたものですが、それぞれが面白いだろうと思っている“思い方”が違うんですよね、そこがおもしろくてね。結構シュールなのもあるし、近未来を描いているのもあるし、大リアリズムもあるし、そういうスタイルが違うのを全部飲み込んで一つの作品だという、そういう面白さを狙ったんです。

―敢えて劇団員に書いてもらったという背景は?
 書きたいことがその気になれば出てくる人たちだ、ということから、最初に水を向けたわけです。今どんな作品をやってもそれなりに成果はあると思うが、「本当に今言いたいことは何?」って聞いていくと、結構出てくるものだと思いました。まあ、みなさんに対する信頼ですよね。

―これまでの芝居というのは戯曲の内容を演出家が役者を使って伝えるというスタイルが続いてきましたが?
 どこかに偉い書き手がいて、その人が書いたものをありがたがってやるという構図じゃなく、みなさんが日常的に思っていることが芝居になるんだ…この発見をしてもらいたかったのです。それができるのは(劇団)わが町だからだと思っています。

―未経験の作家による「本(脚本)」ということで、読んだり直したりするうえでのご苦労は?
 それは苦労がないわけじゃないですけれどね。しかし、「へー、あの人はこういうのが芝居になると思っているんだ。じゃあ何とか実現してあげよう」。ひとりひとりの狙いを汲み取ってビジュアルなものにしていくというのは、こちらも想像力をはたらかせて、頑張ってイIMG_0007trmdメージを持たなければなりませんので…。そこには苦労があるわけです。

―そうした個々の作品をひとつにまとめていって、観客に見てもらいたいところは?
 作家がいて、演出家がいて、俳優は言われるままに動いているということとは違う、活き活きした演劇の在り様というのを、この集団だったらできる、みんなで実現することができるだろうということですよね。
 だから実際に蓋が開いてみたら、時間が長すぎて大変だとかいうこともあるかもしれないけれど、観客にしてみると今までなかったものを観ることになると思いますよ。

―これまでのところの出来栄えは?
 本(脚本)はそれぞれの面白さを持っていますから、あとは稽古時間ですね。劇団員は職場へ行ったり、学校へ行ったりして結構忙しいし、インフルエンザが流行るなど心配な材料もあります。しかし、みなさん本番には強いですからね、このグループは! 間際になるとできちゃうのですよ、今回も多分そういうことになるんだと思います(笑)  (了)

◎劇団わが町、来春公演の仮脚本・キャスト決定

 来年3月の公演に向けて準備を進める劇団わが町は、作品の仮脚本を劇団員に配布するとともに、キャストを暫定的に決定した。
 来春公演作品については、劇団員のアイデアが随所に生かされ、現在から近未来に至るまでの日常風景が、色濃く盛り込まれたものになる予定。

img_0010-trmed

仮キャストを発表するふじたあさや氏

img_0015trmd

 劇団の芸術監督ふじたあさや氏が、11月末の稽古で仮キャストを発表した。これに基づいて今後劇団は、脚本をさらに洗練したり、各パートごとの稽古をしたりしながら、来春公演に向けて全体の稽古を重ねる予定だ。  (了)
img_0006

◎劇団わが町、来春公演に向けて再始動

 劇団わが町は、来年3月の公演に向けて準備に入った。3か月ぶりの再会となった顔合わせ(6月4日)では、劇団の今後の活動方針や次回作の構想などが説明された。

 劇団の芸術監督であるふじたあさや氏はまIMG_0110trmず、演劇におけるリアリズムについて歴史的な観点を踏まえ、欧米や日本の劇作家、演出家の活動や作品を紹介した。また演劇の道に入った動機や、リアリズムの追求における自らの経験を披露したほか、次回公演作品の方針を話した。IMG_0087trm

 これに対して劇団員から、自主的な練習を含む稽古スタイルの希望や次回作に関するアイデアなどが出され、3時間余りの顔合わせが盛り上がった。

 今後劇団は、次回作に関する勉強会やワークショップを経た後、秋には本格的な稽古に入る。公演は来年3月中旬の予定。  (了)IMG_0120edtd

◎迎春―ふじたあさや氏 新春特別インタビュー

 新しい年を迎え、3月の『わが町―溝の口』公演にあたって、演出家ふじたあさや氏にインタビューを行った。この中でふじた氏は、40年前の名作を再演する意気込み、見どころなどを語った。

ふじたあさや氏

『わが町―溝の国』ついて語る ふじたあさや氏

―再びわが町ですが?
 『わが町』をこんなに広めたのは、長岡輝子さんの功績だと思うんですよね。
 その長岡さんが最初に『わが町』を日本の現実に置き換えてやってみようと思って試みたのがたまたま川崎の溝の口で、その『わが町―溝の口』というのが川崎の市民文化賞を貰ったんですよ。
 (初演したのは多摩芸術学園=現・多摩美術大学)その学校(多摩芸術学園)がなくなっているので継承する集団がなくなり、作品としてやる人がいなくなった。作品はよくできていて、もったいない。それを何とか舞台に乗せて、同じ川崎のことですし市民劇団が上演するには相応しい作品と思えるものだから、やろうよということにしたわけです。

―作品の見どころは?
 溝の口という場所で長岡先生が何を考えていらっしゃたかということを何とか再現する形にしたい。ひとつの海外の作品を日本の風土に置き換えていく…、精神世界からというと違うものですよね、キリスト教社会だし…。それを日本の社会に置き換える作業というのはわれわれみんな苦労するわけで、長岡先生はそういう苦労の一番手だったのです。そこを追体験したいなという思いがあります。学ぶところはいっぱいあると思います。
 (『わが町―溝の口』は)なかなかよくできていますよ。昔の溝の口の雰囲気がよく出てますしね。この間みんなで行ったのよね、あそこは結構昔が残ってますしね、いいところでした。

―長岡さんの初演から40年過ぎていますが?
 そう、40年なんですよ!40年もたつと、あったものもなくなっていますから、逆にやる意味が、もうひとつ加わった感じですね。40年前の現実の中で語られた言葉が、今語るとあるはずのものがなくっているわけですよ。「今はもうなくなってます」という言葉を、やっぱり何か所か付け加えています。付け加えざるを得なかったことが、ある意味つらいところもありますけどね。

―今回の演出について
 新百合ケ丘だから、溝の口だからといって特に異なるところはありません。
(劇団員は)みんなうまくなってますからね。「構え」が取れてきているので、前よりも楽に到達点に行くんじゃないですかね(笑)  (了)

◎次回公演『わが町―溝の口』

 劇団わが町は、『わが町―溝の口』を川崎市アートセンターアルテリオ小劇場にて上演します。上演は2016年3月10日(木)から13日(日)まで。

 『わが町―溝の口』は長岡輝子さんの翻案、演出により、昭和51年2月、多摩芸術学園(現・多摩美術大学)の卒業公演として、川崎市立高津区民ホールで初演。
ソーントン・ワイルダーの名作『わが町』にある普遍的な「日々の生活のすばらしさ」を、 川崎の風土、明治と言う時代背景に丁寧に置き換えることで、自分たちの生活を自分たちの言葉で語る 『わが町―溝の口』を完成させました。
 40年の時を経て、市民劇団・劇団わが町が川崎市の財産ともいうべき『わが町―溝の口』に出会い、私たちの『わが町』をさらに知る旅を始めます。

 川崎市文化賞を得た幻の名舞台!40年の時を超えて、今よみがえる!――
どうぞご期待ください。
わが町―溝の口フライヤー表わが町―溝の口フライヤー裏

しんゆりシアター
劇団わが町 第5回公演『わが町―溝の口』

◎公演日時
2016年3月10日(木)~13日(日)
10日(木) 19:00開演(ゆり組)
11日(金) 19:00開演(さくら組)
12日(土) 14:00開演(さくら組)/18:00開演(ゆり組)
13日(日) 13:00開演(ゆり組) /17:00開演(さくら組)
開場は開演の30分前

◎【一般発売】2016年1月19日(火)
◎【料金】=一般 2,500円/小学生以下 1,000円(全席指定・税込)

※3歳以上のお客様はチケットをご購入ください
※小学生以下のチケットは窓口販売のみで取扱いしております
※車椅子でご来場のお客様は当日のスムーズなご案内のためチケット購入後、
 事前に川崎市アートセンターまでご連絡をお願いします

【取扱い】川崎市アートセンター
窓口販売 9:00-19:30(毎月第2月曜除く)
電話予約 044-959-2255(9:00-19:30 土日祝・毎月第2月曜を除く)
Web   チケット購入はこちらから

◎緩やかな結束の中にも厳しさを=ふじた氏挨拶演劇で世界を平和に=大谷氏

 劇団わが町の旗揚げ公演を演出したふじたあさや氏と大谷賢治郎氏は公演2日目後の会合で挨拶し、ふじた氏は劇団について、緩やかな結束の中にも厳しさのある集団を目指すと述べる一方、大谷氏は演劇で世界平和も可能だとの考えを語った。

 劇団わが町による今回の実質的な旗揚げ公演『わが町しんゆり』は、6月14日から16日まで5回上演された。2日目の公演終了後の集まりで関係者に対してふじた氏は、「川崎市長にお越しいただき、喜んでいただいた」と述べたうえで、(客の)みなさんにも喜んでもらったとして、今回の公演は「うまくいった」と評価した。

わが町終演後出演者コメントV(あさや) ふじた氏は劇団の設立について振り返り、市民生活を営みながら同時に演劇もできるという困難な課題をクリアするため、当初からルーズな(緩やかな)集団を目指すとしてきたと述べた。
しかし、ふじた氏は「ルーズでありながらキチンとやるという、そのせめぎ合う気持ちを今回はみんなが共有できた」と述べて、一定の緩やかさの中に厳しさを求めるという方向性が、今回の公演で出てきたとの判断を示した。

 一方、演出助手の大谷氏は、ふじた氏とともに、新百合ヶ丘でこの劇団を立ち上げる話が出たのはウクライナの首都キエフだったことを明かした。わが町終演後出演者コメント記事用PIC(大谷)
 劇団の出来について大谷氏は、「想像をはるかに超えた」と評価した。芝居は舞台に立つ役者たちが、どのように相手のセリフを聴き、受けたボールをお互いに投げ返すかというキャッチボールだと指摘し、役者の間のコミュニケーションがいい芝居をクリエイトするとの考えを表した。

 そのうえで演劇というものは「コミュニティを作るということだと思う。ここで平和な状態だったりとか、お互いの関係性を大事にできたりすれば、まだ世の中にはチャンスがあるかな」と述べて、演劇によって世界が平和になればいいとの思いを披露した。

 今後劇団は9月から正式に稽古を再開し、来年3月には岡本太郎をテーマにした作品を上演する予定。  (了)