◎『恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち』、千秋楽

 『恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち』が、3月12日(日)千秋楽を迎えました。
 ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトに啓発され、上は79歳から、下は9歳までの劇団員が自らの手で創作した脚本を元に24の小作品を並べた今回の作品。多くの方にご来場いただきました。厚く御礼を申し上げます。

 2016年の日本の現実をしっかり捉え、ギリギリまで磨き上げた各作品には、長時間の上演にもかかわらず、大きな拍手と好評の声をいただき、劇団わが町のこの5年間における活動の集大成となりました。
 今後も地元に密着した劇団としてさらに邁進していきます。次回の公演にもご期待ください。  (了)

◎劇団わが町『恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち』初日

 皆様のおかげをもちまして、初日を無事迎えることができました。
 ご来場いだたきました方々には厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。
 今回は劇団初の劇団員の執筆による脚本をふじたあさやさんの指導、まとめにより作品化したものです。台本の完成がギリギリになったり、演技の詰めもタイトなスケジュールになったりして、まさに時間との闘いとなったのです。

 しかし、ここ一番に強い劇団わが町のこと、2016年の現実をしっかりとらえた作品となりました。
 あと4公演を総力で演じます。皆様のご来場をお待ちしています。

 

 

11日(土) 14:00開演/18:00開演
12日(日) 13:00開演/17:00開演

ぜひ劇場でお会いしましょう!  (了)

◎劇団わが町、来春公演の仮脚本・キャスト決定

 来年3月の公演に向けて準備を進める劇団わが町は、作品の仮脚本を劇団員に配布するとともに、キャストを暫定的に決定した。
 来春公演作品については、劇団員のアイデアが随所に生かされ、現在から近未来に至るまでの日常風景が、色濃く盛り込まれたものになる予定。

img_0010-trmed

仮キャストを発表するふじたあさや氏

img_0015trmd

 劇団の芸術監督ふじたあさや氏が、11月末の稽古で仮キャストを発表した。これに基づいて今後劇団は、脚本をさらに洗練したり、各パートごとの稽古をしたりしながら、来春公演に向けて全体の稽古を重ねる予定だ。  (了)
img_0006

来春3月公演に向け本格稽古中

 劇団わが町では、来春公演に向けて夏から始まった稽古が一層熱を帯びてきました。
DSC_0831  12月からは大谷賢治郎氏も演出に復帰し、団員らも気を引き締めています。

 

 

DSC_0836

 演目についてはなお未公表ですが、今回は原点に立ち返り、地元と密接な関係があるものになる予定です。もちろん、数々のサプライズもお届けします。チラシができ次第、詳細をいち早くお知らせしますのでお楽しみに。

DSC_0840

『ザ・チェーホフ』ギャラリー公開!

あれ? もう5月
、、、てかまうすぐ6月ッ!
すいません(´・ω・`)
すっかりご無沙汰しちゃいました。

↓えますぐクリック!

そんな中、全世界のわが町ファンお待ちかね、
第四回公演『ザ・チェーホフ』の舞台写真ギャラリー公開です!

( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ

はい! 2015年3月13〜15日、怒濤の三日間!
例によって新百合ヶ丘は熱く萌えましたたた!

今回も『劇団わが町』ならではの新しい試みや冒険が満載。
誰も見たことの無い『劇団わが町』ならでは、だからこそ!
の『チェーホフ』を描き出せたのでは無いかと思っています。

すでに『劇団わが町』は来春に予定されている
第五回公演に向けて始動を開始いたしました。
また劇場でお会いできる日を楽しみにしております!

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

※すいません、写真大量すぎてページ重いかもす(´∀`)

1303

『わが町しんゆり』Ver.4

wgmtmembr

1月11日に多摩区での巡回公演が無事終了しました。

おそらくこれが実質的には最後の公演になるだろう、ということもあって、団員ひとりひとりの思いや意気込みも強いものがありました。「わが町しんゆり」は私たちのデビュー作でもあり、劇団名の由来ともなっている演目です。素敵なお客様の応援と出演者全員の高い集中力とで、素晴らしい舞台をお届けできたのではないかと思っております。

終演後に女性陣は衣裳の返却から洗濯、楽屋の大掃除。男性陣は大道具・小道具搬出から、舞台の大掃除までと、団員総出で片付けを行います。いままでは次回公演に備えて大事に保管してきた「愛の脚立」だとか「家族の居間」などの大道具も今回で破棄するとのことで、万感胸に迫る思いでございました。写真ではわからないですが、さすがに2年も使ってきた大道具には、大なり小なり擦り傷や汚れがいっぱいついてます。そんな傷や汚れのひとつひとつが、時にはどう動くかという目印になってくれたり、またここに戻ってきたんだという安心感を与えてくれたり、長い時間をかけて自分たちで創ってきた「わが町しんゆり」の自信の証ともなっていました。

そういう歴戦の傷を増やしつつ、「わが町しんゆり」は最初の試演会から数えれば10回も演らせていただきました。自分自身も役者としてだけでは無く、いろんな意味で大きく成長できたし、周りの仲間を見ていてもそれが感じられます。そして初演からご覧いただいている皆様方にはおわかりいただけると思うのですが、お芝居として、演劇として全体の完成度は大きく上がったなあということを実感しています。

右も左もわからぬままとにかく台詞を間違えずに言うことだけに夢中だった時から、少しづつ役柄に同化し、周りの演者とコミュニケーションし始め、そして登場人物として、きちんとキャラクターとして存在しはじめる。回数を増すごとに新しいアイデアが出てきて、発する台詞にも内面的な意味が生まれ始め、よりリアルで身近な生きている人間として立ち上がってくる……このお芝居を通じて、そんな素晴らしい体験が出来ました。この様な機会を与えてくれた「劇団わが町」に感謝しています。

なんか個人的な感想になってしまいましたが、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました! 次回作はこちらになります。
詳細は別エントリーでご紹介させていただきますが、また劇場でお会いしましょう!

『 わが町しんゆり 』多摩公演

DSC_8049_K

Σ(゚Д゚;)アラマッ!
うっかりしてたら、年の瀬。
いよいよしんゆりシアター×多摩区公演
劇団わが町 市内巡回公演『わが町しんゆり』
が近づいてまいりました!

麻生区公演も大好評のウチに終え、
とうとう多摩区まで遠征いたします!

これで『わが町しんゆり』も当分は見納め?
って話ですから、ぜひぜひお誘い合わせの上、
皆様のご来場をお待ちしております!

2015年1月11日(日)
14:00開演(13:30開場)
※この公演は多摩市民館ホールでの上演です。
【料金】
一般 2,500円/小学生以下 1,000円(全席指定・税込)

※3歳以上のお客様はチケットをご購入ください。
 小学生以下のチケットは窓口販売のみとなります。
※車椅子でご来場のお客様は当日のスムーズなご案内の為、
 チケット購入後、事前に川崎市アートセンターまでご連絡をお願いします。

【発売日】2014年11月11日(火)

【取扱い】川崎市アートセンター
 ●窓口販売 9:00-19:30(毎月第二月曜除く)
 ●電話予約 044-959-2255(9:00-19:30 土日祝・休館日を除く)
 ●WEB    チケット購入はこちらから

お問い合わせ:川崎市アートセンター 044-955-0107

『わが町しんゆり』Ver.3

ほんとにすばらしい結婚式ねえ。

今を去ること2014年11月1日土曜日の大安吉日。
小雨そぼ降る、嗚呼「新百合ヶ丘」。

1010人収容の大ホール、麻生区民館におきまして、しんゆりシアター×麻生区文化協会30周年記念事業としまして、劇団わが町・市内巡回公演『わが町しんゆり』を上演いたしまして、無事終了いたしましたのことよ(・∀・)広い舞台はキモチがいいねー!

てなわけで、その時の公演の様子をギャラリーにアップしました!

さても、なかなかに評判もよろしく、足元のお悪い中はるばる駆けつけていただいた皆様方には大変感謝しております。また団員たちも、新メンバーで初めて臨んだこの芝居、不安もありながら突き進むなか、各人各様さまざまな思いを抱きつつも、高評価とともに達成感に満ち満ちているのではないかなと思ってます。

次回は2015年1月11日、多摩市民館ホールにて市内巡回公演『わが町しんゆり』上演の予定でございます。また詳細はこちらでお知らせしていく予定でおりますので、何卒さっそくカレンダーに書き込んでおいていただければ幸いと存じますm(_ _)m

 

市内巡回公演『わが町しんゆり』

DSCN3725-2

いよいよ来週11月1日の本番に向けてラストスパート中(`・ω・´)キリッ!

今回は新たなメンバーも加え、
初演時とは微妙に違った面白さが出てきております。
本日は衣装合わせと、抜き稽古&衣装を着けての通し稽古。
盛りだくさんのメニューでヘロヘロになりまった。。。

とはいえ本番まで残りあとわずか!
ひとりでも多くの方に楽しんで頂きたいと
団員一同気合いをいれて頑張ってます。

ぜひご来場をお待ちしております!

『劇団わが町』reloaded !

公演日時:2014年11月1日(土)14:00開演(13:30開場)
場所:麻生市民館ホール(小田急線・新百合ケ丘 徒歩3分)
チケット:【料金】一般 2,500円/小学生以下 1,000円(全席指定・税込)

【取扱い】川崎市アートセンター
●窓口販売 9:30~19:30(毎月第二月曜除く)
●電話予約 044-959-2255(土日祝・休館日を除く)
●WEB    http://kawasaki-ac.jp/th

詳細はこちらまでお問い合わせください!