◎上村主筆の取材雑記帳=その1

『溝の口』―登場人物名にも翻案の妙技

 『わが町―溝の口』、原作『Our Town』の登場人物一覧を眺めていて驚いた。
 『Our Town』グローヴァーズ・コーナーズの出来事を巧みに溝の口に翻案した長岡輝子氏には、登場人物名の翻案にも工夫があった。こうしたところにも長岡氏のこだわりと、ちょっとした遊び心が見える。
 原作の主な登場人物は;
 ギブズ医師、ジョー、サム・クローエル、ハウイ・ニューサム、ジョージ・ギブズ、レベッカ・ギブズ、ウォーリー・ウェブ、エミリー・ウェブ、サイモン・スティムソン、ソームズ夫人・・・。

 例えば溝の口新報の上村(うえむら)主筆、なぜ”かみむら”ではなく、”うえむら”なのか、原作がWebb氏~ウェブ~ウエぶら≒うえむら。ちょっと苦しいところだが、”かみむら”ではないことが推察できる。むろんエミリー≒恵美、ジョージ≒丈吉、サイモン・スティムソン≒細門龍之介、ソームズ夫人≒そめ、あたりは分かりやすい。

IMG_0001 そして出色の名前は、
 ▼町の歴史や風土の解説役ウィラード教授~宇井頼三(高津図書館長)…ウィラーぞ~ういらいぞ≒宇井頼三(笑)
 ▼新聞配達(弟)のサイ・クローエル≒斉藤九郎
 ▼牛乳配達のハウイ・ニューサム~灰田新三(豆腐屋)…ハウい~ハウイダ~はいだ+ニュー=新+サム=三。英語の”new”を「新」に、”some”を読みで「三」、合わせて新三というわけだ。

 長岡さんの注力には頭が下がる。
 しかし、わが、ふじたあさやさんにも『わが町しんゆり』では、ウィラード(日本語で”柳”)教授=柳教授という命名があったことを付記しておきたい。  (了)