◎図書館長・宇井頼三の溝の口周辺散策メモ=その2

高津図書館での発見は

萩坂 心一

 今回は、宇井頼三の本拠地、高津図書館を訪問してみました。
訪問の狙いの一つは、「明治時代の溝の口」を実感できる資料を見つけてみたい、ということです。探すこと一時間、『私たちの高津―高津小学校創立六〇周年記念誌』という本を見つけました。明治時代の小学校生活の様子がよくわかります。
 当時の授業開始は朝八時、六・七月は朝七時! 『わが町・溝の口』で、子供たちが「一鈴」を聞いて慌てるシーンがありますが、早朝だと思えば、演技にリアリティーが出るでしょうね。また、当時の小学校では、成績が悪い生徒は「落第」が当たり前だったようです。160123_1924~01

 劇中で、男の子が食事中でも必死になって漢文を暗記して、お母さんに怒られるシーンがありますが、これまたリアルな必死さ・切迫感が求められますね。子役だけでなく、みんなに知ってほしいと思い、本の抜粋を印刷して、劇団員全員に配りました。さて、訪問の二つ目の狙いは、私の台詞の裏付けを取るためです。
 宇井頼三の台詞で「(貝塚での)出土品の一部は、当高津図書館、郷土資料室にも展示してございます」というのがありますが、果たして今でも展示しているのかを確認したかったのです。隈なく館内を見回ってみましたが、どこにもそんなものはありません。

 そこで図書館の人に長岡台本を見せ、確認を求めたところ、その女性の方は、「ちょっとお待ちください」と言って、奥に引っ込み、いろいろ調べてくれたようです。

 待つこと10分、「今の図書館は移転後のもので、たぶん移転前の高津図書館には展示してあったものと思われます…」。なるほど、確かに長岡台本の上演時期は移転前のことです。

28146068trm

高津図書館

 「それらの出土品は、今、どこにあるんでしょうか?」と尋ねたら、すぐにネット検索をしてくれ、「どうも、市民ミュージアムにありそうですね。詳しくはそちらにお尋ねください」と明快なお答え。
 というわけで、次回は、等々力にある市民ミュージアム訪問記を書きまーす。
お楽しみに!  (了)