◎図書館長・宇井頼三の溝の口周辺散策メモ=その3

数千年前のあれが!宇井館長の発見は?

萩坂 心一

 今回は、現在の高津図書館では展示してなかった「出土品」を探し求め、等々力にある市民ミュージアムを訪問しました。

img_museum

川崎市市民ミュージーアム

 行ってみたら、あるわあるわ、川崎の古代から近代にいたるまでの資料・出土品がものの見事に展示してありました。しかも、無料! まだご覧になってない方は、ぜひ一度見学してみてください。160115_1147~01

 『わが町・溝の口』にも出てくる「子母口貝塚」の出土品はもちろん、その貝塚を発掘したときの「地層」そのものが展示されてました。写真では小さくてわかりにくいですが、まさに原寸大の「地層」の展示は迫力がありました。

160115_1206~01

三猿の庚申塚

 というわけで、お目当てを発見して大満足…。
 明治時代のコーナーを回っていたら、「三猿の庚申塚」の実物を発見して、またまた興奮!
 というのも、『わが町・溝の口』に「三猿」の逸話が紹介されており、明治の人たちが信じていたことの証となる貴重な展示物なのです。写真で見ても、「見ざる・聞かざる・言わざる」がよくわかり、可愛らしいですよね。

 さて、これで終わりじゃ「宇井頼三」の名が廃る。よっしゃー、ここは「子母口貝塚」まで足を延ばしてみようと、オンボロの愛車を走らせました。実は、この「子母口貝塚」、地図の上では何となくこのあたり、というのはわかっていたのですが、なかなか見つからなかったのです。

 この日は必死に探し、小高い丘を登ったり下りたり、なんせ案内表示がないので散々迷いましたが、ついに見つけました!ところが、それは、写真にあるように、一見何でも160115_1320~01ない、住宅街の一角にある小さな公園…。中に入ると、案内板や出土品の写真が掲示されてましたが、市民ミュージアムのそれにはとてもかないません。

 ちょっとがっかりして、帰ろうかなぁと思いましたが、「せっかくここまで来たんだ、貝塚を見つけてやるぞ!」と一念発起。

 詳しくは書けませんが、あの手この手(あの足この足?)を使って、ついに「貝」を発掘。
 そうです、数千年前の貝ですよ!

 写真をご覧ください。泥付き160115_1643~01trmdです、もったいなくて洗い流せません。 市民ミュージアムで購入した出土品目録によると、私の発掘したものは、「マガキ」「ハマグリ」「ヤマトシジミ」のようです。この貴重な出土品を、私としては、ぜひ本番の舞台でご披露したいのですが…。たぶん、ふじたあさや先生は、ニコニコ顔で、「却下!」、でしょうね。
 ただでさえ、私の台詞は長くて、あちこちカットされてますので…。

 今回の取材調査も、私の役作りに欠かせないものとなりました。三回に分けての「散策メモ」も、今回が最終回。あとは本番の舞台にどう生かしていくか、「図書館長・宇井頼三」として生きたいと思います。
 では、新百合ヶ丘の川崎市アートセンターアルテリオ小劇場にてお会いできるのを楽しみに…。  (了)