「わが町-溝の口」舞台上での新聞について 

山田 誠浩

 『わが町―溝の口』では第一幕の始めで、小田医師は配達の伍郎少年から渡された新聞を広げるのだが、稽古を続けるうち、その新聞が現在のものであることに違和感を抱きだした。上村さんが主筆をしていた「溝の口新報」がもしあれば、その明治34年5月7日頃のコピーを入手できないかと思った。395_za_yokohama

 溝の口あたりの当時の事情は、川崎市立中原図書館がいちばん詳しいと聞き、電話で「わが町―溝の口」を上演するので新聞のコピーが手に入らないかと相談したところ、1か月ほどして回答があった。私たちも目にしている「わが町―溝の口」の制作ノートを読みながら、いろいろ調べてくれたという。

 その結果、「溝の口新報」は実在せず、これはソーントン・ワイルダーの「わが町」を翻案するにあたって長岡輝子さんが創作されたもののようであるという。

 当時「東京日日」「東京朝日」「横浜貿易」(神奈川新聞の前身)「横浜日日」などの新聞が、溝の口あたりの人々に読まれていた可能性があり、上村さんのモデルとなった自由民権運動をしていた人のところには、いくつかの新聞が届いていただろうと思われる。

 住民の新聞購読調査は昭和初めのものしかなく、その時点では「東京日日」「東京朝日」は300部ほど「横浜貿易」「横浜日日」は数十部がこの地域で読まれていたようだ。そして明治のころの新聞のマイクロフィルム、または現物は桜木町の県立図書館かながわ資料室にあることなどを知らせてくれた。どこの誰とも分からない者のために「わが町―溝の口」を上演するというだけで、丁寧に調べてくださった中原図書館の人に感謝しつつ、早速県立図書館かながわ資料室に行った。20101225085815e40

 かながわ資料室には「東京日日」「東京朝日」「横浜貿易」のマイクロフィルムがあり、そこから明治34年5月7日の紙面をコピーすることができた。コピーしていてたまたま気付いたのだが「東京日日」のその日のあるページに、なんと「札幌農学校出身者に告ぐ。本月14日午前9時本校創立25年記念式を挙行候條参列相成度候也」という広告が出ているではないか。私たちはこういう時代を舞台で描こうとしているのだと心踊る思いでコピー作業をした。

 

haitatu

明治時代の新聞配達人

 「東京日日」「東京朝日」は現在の大きさと同じ、「横浜貿易」はやや小ぶりだが、紙面の組み方や活字は当時を偲ばせるものがある。

 A3コピー紙でのコピーのため継ぎ合わせる必要があり、その作業が済み次第持参し、稽古に使用するので是非皆さんのお目通しを・・・。  (了)

◎図書館長・宇井頼三の溝の口周辺散策メモ=その2

高津図書館での発見は

萩坂 心一

 今回は、宇井頼三の本拠地、高津図書館を訪問してみました。
訪問の狙いの一つは、「明治時代の溝の口」を実感できる資料を見つけてみたい、ということです。探すこと一時間、『私たちの高津―高津小学校創立六〇周年記念誌』という本を見つけました。明治時代の小学校生活の様子がよくわかります。
 当時の授業開始は朝八時、六・七月は朝七時! 『わが町・溝の口』で、子供たちが「一鈴」を聞いて慌てるシーンがありますが、早朝だと思えば、演技にリアリティーが出るでしょうね。また、当時の小学校では、成績が悪い生徒は「落第」が当たり前だったようです。160123_1924~01

 劇中で、男の子が食事中でも必死になって漢文を暗記して、お母さんに怒られるシーンがありますが、これまたリアルな必死さ・切迫感が求められますね。子役だけでなく、みんなに知ってほしいと思い、本の抜粋を印刷して、劇団員全員に配りました。さて、訪問の二つ目の狙いは、私の台詞の裏付けを取るためです。
 宇井頼三の台詞で「(貝塚での)出土品の一部は、当高津図書館、郷土資料室にも展示してございます」というのがありますが、果たして今でも展示しているのかを確認したかったのです。隈なく館内を見回ってみましたが、どこにもそんなものはありません。

 そこで図書館の人に長岡台本を見せ、確認を求めたところ、その女性の方は、「ちょっとお待ちください」と言って、奥に引っ込み、いろいろ調べてくれたようです。

 待つこと10分、「今の図書館は移転後のもので、たぶん移転前の高津図書館には展示してあったものと思われます…」。なるほど、確かに長岡台本の上演時期は移転前のことです。

28146068trm

高津図書館

 「それらの出土品は、今、どこにあるんでしょうか?」と尋ねたら、すぐにネット検索をしてくれ、「どうも、市民ミュージアムにありそうですね。詳しくはそちらにお尋ねください」と明快なお答え。
 というわけで、次回は、等々力にある市民ミュージアム訪問記を書きまーす。
お楽しみに!  (了)

◎図書館長・宇井頼三の溝の口周辺散策メモ=その1

「久末の義民地蔵」の由来

萩坂 心一

 郷土愛あふれる宇井頼三なら、きっと溝の口周辺を歩き回って、いろんなことに感動しているに違いないと妄想し、私も「追体験」してみました。最初に訪れたのは、横浜との境に近い、久末の妙法寺です。ここに、宇井頼三が熱く語る「義民地蔵」が安置されていると聞いたからです。151203_1343~01

 「義民地蔵」とは…
 江戸時代、過酷な年貢の取り立てに抗議し、農民たちが領主に引き下げを要求したら、なんと願い出た19人の命が領主のもとで奪われた。それに怒った村人たちが、隣村の農民たちも巻き込んで大挙して押し寄せた結果、領主がやっと年貢の引き下げを認めた。
 久末の人々は、19人の遺功をたたえ、御霊を安んずるために、お地蔵様を作った。

 これが、「久末の義民地蔵」の由来です。長岡台本の初演時は、中原街道沿いのバス停近くにあったようですが、その後、小高い丘の上にある妙法寺に移設、安置されました。写真でわかるように、地蔵尊は二体、それぞれ違う時期に作られたものです。その横には、きれいな案内板があり、非常にわかりやすく説明されてます。84-8l12ee1f482ff943f738537c065a035186

 今から30年ほど前、地元の世話人の方が作った短歌を紹介します。

 「慎みて 十九のみたま
  とこしへに 鎮まりませと
  香たてまつる」

 

 

 なお、この「義民地蔵」は、「かわさきの昔話」としても伝わっていて、地元の民話作家・萩坂昇さんが、ドラマチックに書き残してくれてます。

 虚実取り混ぜた、実に面白いお話に仕上がってますよ。
 ちなみに、萩坂昇さんは、私の叔父、すでにあの世に旅立たれました。不思議な縁ですね。合掌。  (了)079f48f78900b273106e24887ba08e0e

◎上村主筆の取材雑記帳=その1

『溝の口』―登場人物名にも翻案の妙技

 『わが町―溝の口』、原作『Our Town』の登場人物一覧を眺めていて驚いた。
 『Our Town』グローヴァーズ・コーナーズの出来事を巧みに溝の口に翻案した長岡輝子氏には、登場人物名の翻案にも工夫があった。こうしたところにも長岡氏のこだわりと、ちょっとした遊び心が見える。
 原作の主な登場人物は;
 ギブズ医師、ジョー、サム・クローエル、ハウイ・ニューサム、ジョージ・ギブズ、レベッカ・ギブズ、ウォーリー・ウェブ、エミリー・ウェブ、サイモン・スティムソン、ソームズ夫人・・・。

 例えば溝の口新報の上村(うえむら)主筆、なぜ”かみむら”ではなく、”うえむら”なのか、原作がWebb氏~ウェブ~ウエぶら≒うえむら。ちょっと苦しいところだが、”かみむら”ではないことが推察できる。むろんエミリー≒恵美、ジョージ≒丈吉、サイモン・スティムソン≒細門龍之介、ソームズ夫人≒そめ、あたりは分かりやすい。

IMG_0001 そして出色の名前は、
 ▼町の歴史や風土の解説役ウィラード教授~宇井頼三(高津図書館長)…ウィラーぞ~ういらいぞ≒宇井頼三(笑)
 ▼新聞配達(弟)のサイ・クローエル≒斉藤九郎
 ▼牛乳配達のハウイ・ニューサム~灰田新三(豆腐屋)…ハウい~ハウイダ~はいだ+ニュー=新+サム=三。英語の”new”を「新」に、”some”を読みで「三」、合わせて新三というわけだ。

 長岡さんの注力には頭が下がる。
 しかし、わが、ふじたあさやさんにも『わが町しんゆり』では、ウィラード(日本語で”柳”)教授=柳教授という命名があったことを付記しておきたい。  (了)

◎迎春―ふじたあさや氏 新春特別インタビュー

 新しい年を迎え、3月の『わが町―溝の口』公演にあたって、演出家ふじたあさや氏にインタビューを行った。この中でふじた氏は、40年前の名作を再演する意気込み、見どころなどを語った。

ふじたあさや氏

『わが町―溝の国』ついて語る ふじたあさや氏

―再びわが町ですが?
 『わが町』をこんなに広めたのは、長岡輝子さんの功績だと思うんですよね。
 その長岡さんが最初に『わが町』を日本の現実に置き換えてやってみようと思って試みたのがたまたま川崎の溝の口で、その『わが町―溝の口』というのが川崎の市民文化賞を貰ったんですよ。
 (初演したのは多摩芸術学園=現・多摩美術大学)その学校(多摩芸術学園)がなくなっているので継承する集団がなくなり、作品としてやる人がいなくなった。作品はよくできていて、もったいない。それを何とか舞台に乗せて、同じ川崎のことですし市民劇団が上演するには相応しい作品と思えるものだから、やろうよということにしたわけです。

―作品の見どころは?
 溝の口という場所で長岡先生が何を考えていらっしゃたかということを何とか再現する形にしたい。ひとつの海外の作品を日本の風土に置き換えていく…、精神世界からというと違うものですよね、キリスト教社会だし…。それを日本の社会に置き換える作業というのはわれわれみんな苦労するわけで、長岡先生はそういう苦労の一番手だったのです。そこを追体験したいなという思いがあります。学ぶところはいっぱいあると思います。
 (『わが町―溝の口』は)なかなかよくできていますよ。昔の溝の口の雰囲気がよく出てますしね。この間みんなで行ったのよね、あそこは結構昔が残ってますしね、いいところでした。

―長岡さんの初演から40年過ぎていますが?
 そう、40年なんですよ!40年もたつと、あったものもなくなっていますから、逆にやる意味が、もうひとつ加わった感じですね。40年前の現実の中で語られた言葉が、今語るとあるはずのものがなくっているわけですよ。「今はもうなくなってます」という言葉を、やっぱり何か所か付け加えています。付け加えざるを得なかったことが、ある意味つらいところもありますけどね。

―今回の演出について
 新百合ケ丘だから、溝の口だからといって特に異なるところはありません。
(劇団員は)みんなうまくなってますからね。「構え」が取れてきているので、前よりも楽に到達点に行くんじゃないですかね(笑)  (了)

◎次回公演『わが町―溝の口』

 劇団わが町は、『わが町―溝の口』を川崎市アートセンターアルテリオ小劇場にて上演します。上演は2016年3月10日(木)から13日(日)まで。

 『わが町―溝の口』は長岡輝子さんの翻案、演出により、昭和51年2月、多摩芸術学園(現・多摩美術大学)の卒業公演として、川崎市立高津区民ホールで初演。
ソーントン・ワイルダーの名作『わが町』にある普遍的な「日々の生活のすばらしさ」を、 川崎の風土、明治と言う時代背景に丁寧に置き換えることで、自分たちの生活を自分たちの言葉で語る 『わが町―溝の口』を完成させました。
 40年の時を経て、市民劇団・劇団わが町が川崎市の財産ともいうべき『わが町―溝の口』に出会い、私たちの『わが町』をさらに知る旅を始めます。

 川崎市文化賞を得た幻の名舞台!40年の時を超えて、今よみがえる!――
どうぞご期待ください。
わが町―溝の口フライヤー表わが町―溝の口フライヤー裏

しんゆりシアター
劇団わが町 第5回公演『わが町―溝の口』

◎公演日時
2016年3月10日(木)~13日(日)
10日(木) 19:00開演(ゆり組)
11日(金) 19:00開演(さくら組)
12日(土) 14:00開演(さくら組)/18:00開演(ゆり組)
13日(日) 13:00開演(ゆり組) /17:00開演(さくら組)
開場は開演の30分前

◎【一般発売】2016年1月19日(火)
◎【料金】=一般 2,500円/小学生以下 1,000円(全席指定・税込)

※3歳以上のお客様はチケットをご購入ください
※小学生以下のチケットは窓口販売のみで取扱いしております
※車椅子でご来場のお客様は当日のスムーズなご案内のためチケット購入後、
 事前に川崎市アートセンターまでご連絡をお願いします

【取扱い】川崎市アートセンター
窓口販売 9:00-19:30(毎月第2月曜除く)
電話予約 044-959-2255(9:00-19:30 土日祝・毎月第2月曜を除く)
Web   チケット購入はこちらから

来春3月公演に向け本格稽古中

 劇団わが町では、来春公演に向けて夏から始まった稽古が一層熱を帯びてきました。
DSC_0831  12月からは大谷賢治郎氏も演出に復帰し、団員らも気を引き締めています。

 

 

DSC_0836

 演目についてはなお未公表ですが、今回は原点に立ち返り、地元と密接な関係があるものになる予定です。もちろん、数々のサプライズもお届けします。チラシができ次第、詳細をいち早くお知らせしますのでお楽しみに。

DSC_0840

『ザ・チェーホフ』ギャラリー公開!

あれ? もう5月
、、、てかまうすぐ6月ッ!
すいません(´・ω・`)
すっかりご無沙汰しちゃいました。

↓えますぐクリック!

そんな中、全世界のわが町ファンお待ちかね、
第四回公演『ザ・チェーホフ』の舞台写真ギャラリー公開です!

( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ

はい! 2015年3月13〜15日、怒濤の三日間!
例によって新百合ヶ丘は熱く萌えましたたた!

今回も『劇団わが町』ならではの新しい試みや冒険が満載。
誰も見たことの無い『劇団わが町』ならでは、だからこそ!
の『チェーホフ』を描き出せたのでは無いかと思っています。

すでに『劇団わが町』は来春に予定されている
第五回公演に向けて始動を開始いたしました。
また劇場でお会いできる日を楽しみにしております!

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

※すいません、写真大量すぎてページ重いかもす(´∀`)

1303

『ザ・チェーホフ』

000109-1000109-2

新作のご案内っ!
な、な、なんと『劇団わが町』がチェーホフに挑みます!
え? 三人姉妹? かもめ? ワーニャ伯父さん?
のんのん(´。`)

もつろんふじたあさや先生の書き下ろし。
つうか……またしても登場、劇団わが町文芸部(´・ω・`)
すっかり調子に乗った劇団員どもは、チェーホフの短編を脚色しまくりました。
なんと小学生や中学生の団員まで書いてきちゃいましたよ。
それがね、驚きのクヲリティ、、、おじさんまいっちゃうよ(´Д`)

ま、そんなこんなでお陰様で台本は多いに遅れてるわけで。
いままさにふじた先生は悪戦苦闘の真っ最中でございましょう。
ドキがムネムネしてる劇団員も、まあなんとかなるかと開き直り中。
その舞台の全貌はいまだ明らかになっておりませぬ(`・ω・´)キリッ!

がががが! そこはそれ。
昨年の『夢みる人』同様、予想もつかないスリリングな舞台になること間違いなし!
チェーホフを知ってる人も、知らない人も「ちぃッ! その手があったか」
という新しい『ザ・チェーホフ』をお楽しみください(・∀・)

2015年3月13日(金)~15日(日)

13日(金) 19:00開演
14日(土) 14:00開演/18:00開演
15日(日) 13:00開演/17:00開演

※開場は開演の30分前。

【料金】
一般 2,500円/小学生 1,000円(全席指定・税込)

※未就学児童のご入場はご遠慮下さい。
※小学生のチケットは窓口販売のみとなります。
※車椅子でご来場のお客様は当日のスムーズなご案内の為、チケット購入後、事前に川崎市アートセンターまでご連絡をお願いします。

【発売日】2015年1月20日(火)

【取扱い】川崎市アートセンター
●窓口販売 9:00-19:30(毎月第二月曜除く)
●電話予約 044-959-2255(9:00-19:30 土日祝・毎月第2月曜を除く)
●WEB   チケット購入はこちらから

『わが町しんゆり』Ver.4

wgmtmembr

1月11日に多摩区での巡回公演が無事終了しました。

おそらくこれが実質的には最後の公演になるだろう、ということもあって、団員ひとりひとりの思いや意気込みも強いものがありました。「わが町しんゆり」は私たちのデビュー作でもあり、劇団名の由来ともなっている演目です。素敵なお客様の応援と出演者全員の高い集中力とで、素晴らしい舞台をお届けできたのではないかと思っております。

終演後に女性陣は衣裳の返却から洗濯、楽屋の大掃除。男性陣は大道具・小道具搬出から、舞台の大掃除までと、団員総出で片付けを行います。いままでは次回公演に備えて大事に保管してきた「愛の脚立」だとか「家族の居間」などの大道具も今回で破棄するとのことで、万感胸に迫る思いでございました。写真ではわからないですが、さすがに2年も使ってきた大道具には、大なり小なり擦り傷や汚れがいっぱいついてます。そんな傷や汚れのひとつひとつが、時にはどう動くかという目印になってくれたり、またここに戻ってきたんだという安心感を与えてくれたり、長い時間をかけて自分たちで創ってきた「わが町しんゆり」の自信の証ともなっていました。

そういう歴戦の傷を増やしつつ、「わが町しんゆり」は最初の試演会から数えれば10回も演らせていただきました。自分自身も役者としてだけでは無く、いろんな意味で大きく成長できたし、周りの仲間を見ていてもそれが感じられます。そして初演からご覧いただいている皆様方にはおわかりいただけると思うのですが、お芝居として、演劇として全体の完成度は大きく上がったなあということを実感しています。

右も左もわからぬままとにかく台詞を間違えずに言うことだけに夢中だった時から、少しづつ役柄に同化し、周りの演者とコミュニケーションし始め、そして登場人物として、きちんとキャラクターとして存在しはじめる。回数を増すごとに新しいアイデアが出てきて、発する台詞にも内面的な意味が生まれ始め、よりリアルで身近な生きている人間として立ち上がってくる……このお芝居を通じて、そんな素晴らしい体験が出来ました。この様な機会を与えてくれた「劇団わが町」に感謝しています。

なんか個人的な感想になってしまいましたが、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました! 次回作はこちらになります。
詳細は別エントリーでご紹介させていただきますが、また劇場でお会いしましょう!